FC2ブログ

ホーチミン 路地裏の隠れ家 レタントン酒場のHP(公式サイト)

レタントン通りから少し入ったところにあるとっておきの場所 レタントン酒場( SAKABA)  日本人店主による本物を味わう大人空間♪。

【太平洋戦記3】帝国国防方針⑤ 開戦

Posted by 酒場の店主 on   0 comments   0 trackback

仰々しいタイトルですが、PCの太平洋戦記3というシュミレーションゲームの中で遊んで自己満足の世界に浸る私の単なるレポートです。 私 右側の人でもゲームお宅でもありません。

さて、いよいよ開戦です。幾度となくこの1941年12月を迎えている訳ですが、今までで一番準備段階では順調です。
特に航空機の開発が開戦前からほとんど欲しかった優秀機の開発・量産が実現でき開戦に間に合ったからというのが大きい。(エディットで発動機全開発済みに設定したためですが)
実際には当時の日本の技術力では実現しえなかったことでしょう。この辺は少し引っかかりますが、物量に勝る敵と渡り合うのは個の力しかありません。
images4AM6Y0TR.jpg

1941年12月に入ると突然 英・蘭・豪となぜかタイ国が宣戦を布告してきます。
高雄で待機していた空母機動部隊2船隊とそれに随伴して上陸部隊も続きます。
機動部隊と上陸部隊は別けるべき、このへんも過去の手痛い失態から学んでいます。
細かく説明しますと、気象等の悪条件で上陸を目前に2週間も海上で待機しなければならず戦艦を含む空母機動部隊が上陸する前に燃料切れで作戦中止 なんてことも経験しているのが理由です。上陸部隊は上陸時に座礁も起こします。いちいち空母がそのために要修理とするわけにもいきません。 実に現実に即した良くできた手ごわいゲームなのです、

我が虎の子の機動部隊から戦闘機53機爆撃機222機発進 ブルネイ基地からの迎撃機はありません。兵員13 陣地70%ほど破壊 撃墜された機なし これが初陣に戦果です。 2次攻撃は爆撃機のみ181機出撃 兵員20 陣地等敵は全滅です。撃墜された機なし。  即上陸部隊 兵力70上陸 無血占領です。 開戦後三日以内です。
続けてブルネイの隣ボーキサイトの産地クチンも爆撃機70機で攻撃 即無血占領完了です。

続けてパレンバン(製油所のある重要拠点)の玄関口リンガに機動部隊は猛攻を掛けます。 戦闘機51機 爆撃機219機 迎撃機なし 撃墜は合計7機 ここで初めて日本軍に被害が出ます。戦果は停泊中の巡洋艦1隻 小型艦5隻
二度目の攻撃で 巡洋艦2隻 小型艦7隻 大戦果です。合計5度の爆撃後 またもや無血上陸・占領です。
 この付近で船隊は敵潜水艦との戦闘も行いますが被害はなく7隻敵潜水艦を葬り去ります。

3拠点を占領した空母機動部隊は 上陸することもなく パレンバンと英軍要塞のシンガポールに同様の爆撃を加えます。第一回目のシンガポールへは戦闘機 84機 爆撃機 242機撃墜された機は13機 敵迎撃機 戦闘機28機 爆撃機5機 撃墜は全機です。地上待機の機20機破壊  順調な想定内の大戦果ですが、ようやく敵と骨本格的な戦争の始まりという感じです。 シンガポールへは数回の爆撃を敢行 パレンバンは4回目の爆撃により ようやく体制を整えたリンガから陸戦隊が攻撃 ほとんど無血占領しています。 開戦から一月弱でようやく占領です。

 しかし、シンガポールの占領までは余力なく軽油も尽き シンガポールの航空戦力を無力化したのちいったんブルネイに入港。高雄からの補給部隊を待ちます。機動部隊が無傷ですが潜水艦は頻繁に出没 秋月型駆逐艦が大活躍です。損害なし。 潜水艦戦で撃沈さらに数隻。ただし空母・戦艦をもつ英東洋艦隊との対戦はまだです。このタイミングでの対戦はうれしくありません。ブルネイ基地を要塞化し蘭印方面の根拠地にしていきます。

シンガポールを早期に攻略し英艦隊を殲滅するまでこの蘭印方面作戦は落ち着くことはありません。

(続く)