FC2ブログ

ホーチミン 路地裏の隠れ家 レタントン酒場のHP(公式サイト)

レタントン通りから少し入ったところにあるとっておきの場所 レタントン酒場( SAKABA)  日本人店主による本物を味わう大人空間♪。

スポンサーサイト

Posted by 酒場の店主 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【太平洋戦記3】帝国国防方針④ 1940~1941年

Posted by 酒場の店主 on   0 comments   0 trackback

準備段階も2年に及ぶと計画通り遂行できるものです。(正に継続は力なりでしょうか)
正規空母はさらに6隻 同じ雲竜型でも高角砲を備えた 艦載機58機という空母も混じります。
艦載機も 待望の零戦 しかもシリーズ最強という52型丙2 を開発完了 さらに量産まで行かなかった零戦の後継機 烈風の3型(最上級機)まで開発。 艦爆は旧型ではなく実用化しなかった流星艦爆を開発。 陸軍機は 長距離戦闘機として防御力・戦闘力も高い双発のキ83も開発。 もっとも主力と考えている四特(飛龍型)長距離爆撃機も開発。 いずれもアルミ資源の許す限り量産配備を実行してきました。

空母機動部隊(空母6隻以上 艦載機400機以上)も3部隊 護衛の駆逐艦や巡洋艦と船隊を組み 蘭印方面制圧隊として2艦隊・南太平洋の島の基地の警備要員として1艦隊配備を実施。アメリカ軍の奇襲攻撃・不測の事態に備えます。

images7H2VVT3P.jpg
零戦52型丙2
reppuu.jpg
烈風3型
ryuusei.jpg
流星艦爆
ki 83
陸軍長距離戦闘機 キ83
images28AR0RE3.jpg
4toku.jpg

四特(飛龍型)陸軍・長距離爆撃機

unnryuukata kuubo
雲竜型 正規空母

いよいよ史実の開戦一か月前 1941年11月を迎え ハルノートが日本に突きつけられます。

こちらからは宣戦布告の予定はありません。どこまでも引き伸ばし作戦で行きます。
どうなりますでしょうか!? 

開戦と同時に ブルネイ・リンガ・パレンバンの石油・原油基地占領を第一に考えて機動部隊と上陸部隊を高雄に集結させます。
もちろん 南太平洋のエニウエトクに機動部隊を配置します。
ボーキサイトや資源を運ぶ輸送船団にも護衛の駆逐艦隊をいつでも組み込めるよう配備しておきます。
もちろん南太平洋の核基地には高角砲・要塞砲や基地補修のためのセメント・鉄・艦船用重油・航空機用軽油・弾薬を陸上部隊だけではなく輸送のための軍馬や陸戦のための重火器・戦車なども配備します。 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://sakaba121.blog.fc2.com/tb.php/233-58ea9139
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。